追手門学院大学 情報メディア課

Webexの概要

本学ではWebex(ウェベックス)を契約しており、大学教員、あるいは事務職員の方が利用可能です。

パソコンに接続したカメラ映像、マイクを利用して、ライブ配信を行うことができます。教職員(ライブ配信する方)にアカウントを発行し、オンラインミーティングを開催することで、視聴するためのURLが発行されます。

URLを受講者へ伝えてアクセスさせることで、授業の様子を視聴することができます。指定された時間に参加者の予定を合わせる必要があり、同期型学習にご利用ください。

(オンラインミーティングの参加者はアカウントが不要です。)

利用シーンに合わせてWebexを利用する

Webexには様々なライセンスがあり、主に以下の2つをご利用ください。(ライセンス契約的には、他の機能も使用可能ですが、説明は割愛します。)

機能名 主な特徴 利用シーン

Webex

Events

  • 最大 1000 名まで参加可能
  • 標準で受講者の音声、映像が無効になっており、教員側でコントロールしやすい
  • 受講者からの発言がない、あるいは少なく、チャットなどで代用できる
  • 受講者に発言させたくない
Webex Meetings
  • 最大 1000 名まで参加可能
  • 受講者との対話が必要
  • 受講者からの資料提示・共有が必要
  • 双方向での授業が必要

Webex

Training

  • 講義、研究、小規模なブレイクアウトセッション、テストなどができる。
  • 受講者に対し、テストや投票を行わせたい

インストーラー

パソコンにソフトウェアをインストールする際は、以下のリンクよりインストーラーをダウンロードしてください。

※リンク先、「Webexをダウンロード」からダウンロードしてください。

追手門学院大学 情報メディア課

↑