追手門学院大学 情報メディア課

Dropboxの概要

追手門学院大学では、個人が作成したデータを保存するサービスとして、オンラインストレージサービスの「Dropbox Business(通称:Dropbox)」 を導入しています。

学内のパソコンで作成したデータはもちろん、学外のパソコン(個人所有のパソコンや外出先のパソコンなど)からでもデータの保存や操作が可能です。保存したデータは、パソコンではInternet ExplorerなどのWebブラウザから、 スマートフォンであれば専用のアプリから簡単に操作することが可能です。


Webブラウザやスマートフォンアプリからログインした場合の画面表示

※以下の画像は一例です。

特長

特長① 最大200GBのデータを保存できます。
これは、無料版Dropboxよりはるかに大きい容量です。
特長② スマートシンク機能により、必要なファイルだけを同期します。
これにより、パソコンやスマートフォンの容量を節約することができます。
特長③ 作成したデータを、Dropbox上で他のメンバーと共有することができます。
特長④ これまでは、学内パソコンのLドライブ上に保存したデータにアクセスする際、一部制約がありましたが、Dropboxでは「いつでも、どこでも、手軽に」アクセスすることが可能です。
特長⑤

卒業後は生涯メールを利用して無料版Dropboxに移行できます。

※移行後は無料版となるため容量は少なくなります。

こちらのページもご覧ください

追手門学院大学 情報メディア課

↑