追手門学院大学 情報メディア課

【注意喚起】大規模サイバー攻撃に対する対応について

2017/05/15

教職員・学生 各位

情報メディア課

2017年5月14日(土)~本日にかけて、世界各国で過去最大規模のサイバー攻撃が発生しております。教職員・学生の皆様におかれましても、受信したメールは必ず注意していただき、不審な添付ファイルの開封やメール記載さているURLを開かないようにしてください
万が一、不審なメールを開いてしまったなど、不安を感じた際は情報メディア課にご相談下さい。

具体的対策

1.不審なメールの添付ファイルの開封やリンクをクリックしない。

今回のランサムウェア*は添付ファイルを開封させ、感染させる等の方法が用いられていると報道されています。個人所有のPC等で受信メールの確認をする前に必ず以下の「2.」「3.」の対策を実施してください。

※教室・パソコン自習室などの学内PC環境(研究室のリフレッシュPCを除く)については以下の「2.」「3.」の対策は情報メディア課で対応します。

*ランサムウェアとは、「Ransom(身代金)」と「Software(ソフトウェア)」を組み合わせた造語です。感染したパソコンに特定の制限をかけ、その制限の解除と引き換えに金銭を要求する挙動から、このような不正プログラムをランサムウェアと呼んでいます。(IPAホームページより用語説明文引用)

2.脆弱性の解消 - 修正プログラムの適用

Microsoft 社から提供されている修正プログラムを適用して下さい。 Windows Update の利用方法については以下のサイトを参照してください。

※Windows XP / 8および Windows Server 2003は既にサポートが終了しています。今回は影響を考慮し例外的にパッチが公開されました。しかし、このパッチの公開は非常に例外的な対応のため、Windows XP / 8および Windows Server 2003を使用している方は早急にサポート中の製品に移行してください。

3.ウイルス対策ソフトを更新する

各ウイルス対策ソフトをアップデートしてください。使用しているウイルス対策ソフトが今回のランサムウェアを検知するかどうかについては各メーカーホームページをご確認ください。

ご不明な点がある場合は、情報メディア課までお問い合わせください。

追手門学院大学 情報メディア課

↑