追手門学院大学 情報メディア課

【学籍番号が変更となる方へ】旧アカウントから新アカウントへのデータ移行について(対象:大学院進学者・研究生・転学部生・転学科生等)

重要2021/03/11

本学大学院進学者・研究生・転学部生・転学科生のみなさんは、新年度より新しい学籍番号になります

それに伴い、アカウント情報(ログオンユーザー名・パスワード)やメールアドレスも変更されます。

そのため、「3月31日までの旧アカウント」から、「4月からの新アカウント」へデータ移行を行う必要があります。

  • 「アカウント削除、およびデータの取り扱いに関するお知らせ」に記載してますが、現在のアカウントのDropbox(Lドライブ)は、卒業後もデータを参照することができます。
  • Harukaメールは生涯メールですので卒業後も引き続き利用できますが、新しい学籍番号のHarukaメールアドレスを主として利用する場合は、メールデータ及びアドレス帳の移行が必要です。

  • 4月1日以降、新アカウントが利用可能になり次第、必要に応じて各データを新アカウントのDropbox(Lドライブ)やHarukaメールに各自で移行させてください。

Haruka メール(Office365)のバックアップ方法

Harukaメールは生涯メールなので卒業後も引き続き利用できますが、新しい学籍番号のHarukaメールアドレスを主として利用する場合は、メールデータ及びアドレス帳の移行が必要です。
Office365の仕様上、メールのエクスポート機能が存在しないため、「Thunderbird」などのメールソフトを介して、個人所有のパソコンなどにバックアップをします。


【1】下記PDFの手順を参考にメールをバックアップしてください。

【2】新学期が始まり新アカウントが利用可能になった後PDF(手順16)を参考に、新しいメールアドレスの受信フォルダに、メールを移動して復元してください。

※Office365の仕様上、アドレス帳のエクスポート・インポートもできないため、アドレス帳のバックアップが必要な場合は、コピー&ペーストなどの方法で別ファイルへ1つずつ移動させる必要があります。

Dropbox(Lドライブ)内データのバックアップ方法

【1】3月31日までのアカウント(旧アカウント)が有効な間に、Dropbox(Lドライブ)内のデータをUSBメモリなどの記録メディアへ移動させます。

【2】新学期が始まり新アカウントが利用可能になった後、USBメモリなどの記録メディアに保存した データを新アカウントのDropbox(Lドライブ)内に移動してください。

ご不明な点がある場合は、情報メディア課までお問い合わせください。

追手門学院大学 情報メディア課

↑