追手門学院大学 情報メディア課

e-Learningサポートページ

追手門学院大学では、積極的なe-Learningの利用を進めています。
本ページでは、e-Learningを活用するためのツール、あるいはノウハウなどを集約して掲載していきます。

教員の皆様へ

e-Learning(eラーニング)は、情報技術を用いて行う学習や学び全般のことを指します。

本学より提供しているe-Learning向けのツールには、大きく分けて以下の3つがあります。一度マニュアルをもとに操作していただき、積極的に操作に慣れていただけますよう、何卒ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

1 学習管理システム(WebClass)

追手門学院大学の学習管理システム(LMS)です。授業において補助的に利用し、資料の公開、レポート課題の公開・提出、小テスト・アンケートの公開・実施、履修者とのメッセージ交換が可能です。

2 動画配信システム(Mediasite)

自分で作成した動画をアップロードし、動画を閲覧するためのURLを発行することができます。また、WebClassと連携させることでWebClass上の各教材にてURLを公開し、動画を公開することができます。

受講者は好きなタイミングで動画閲覧、学習することができますので、非同期型学習にご利用ください。

3 Web会議システム(Webex Meetings / Webex Events)

パソコンに接続したカメラ映像、マイクを利用して、ライブ配信を行うことができます。教員(ライブ配信する方)にアカウントを発行し、オンラインミーティングを開催することで、視聴するためのURLが発行されます。

URLを受講者へ伝えてアクセスさせることで、授業の様子を視聴することができます。

指定された時間に参加者の予定を合わせる必要があり、同期型学習にご利用ください。

追手門学院大学 情報メディア課

↑